日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お茶、づくり。

確か、、、今年2回目のはずなのですけども、、、
このブログに記録が残っていない、、、写真、消したかな、、、



今回は、いつも石鎚黒茶の現場でご一緒させていただいている
おフタリと、軽発酵の包種茶づくり、です。



午後から傘マークがついていたので、暑いけどがんばって摘みます。
途中、たくさんの差し入れをいただいてしまいました、、
(ありがとうございます!!)



メイン用に、なんとか2キロは摘めたので、
試しに芽だけを摘んでみたところ、話にならない量だったので、
これらは白茶にすることにしました。



メインのほうは、日陰 → 日向 → 室内、です。



どうしてもやたら触ってしまいたくなるのを、ぐっとガマン。



待ちじかんのあいだは、お茶とおやつでバカ話。
(たまに、マジメな話、、)



じかんが来たら、撹拌。



実は、、またもや花の香りを取れなかった(と思う)のですけども、
じかん的にアウトだったので、殺青。



ちょっと量が多かったので、2パターンを試作しました。



全員、ほぼほぼ期待はしてなかったり、、、(ぇ、、、



1パターン目は、透き通った水色ですが、味も香りも弱め、、かな。



2パターン目は、なくないかな!という感じでした。
今まででいちばんマシな出来、、泣



お昼は、オトナになって初めてのBBQ!



【私信】 やっぱり一度は先生と一緒に作りたいです。




著者、近影!
(ちゃんと、洗濯してますょ、、)

スポンサーサイト

PageTop

初夏の展示会 2016 @七草さん ~3デイズ!~

昨年秋、お茶やとして出店させていただいた七草さんにて、
「初夏の展示会 2016」が開催されました。

ちょっとややこしいのですが、こちらは「なな草」さんです。



おもに着物を取り扱っております。



3日目のみ、雨が降ってしまったので、室内展示に変更いたしました。



ちょっとややこしいのですが、こちらが「七草」さん。



着物のはぎれや古い布を使ったリメイク服や小物を取り扱っておられます。



質はもちろん、デザインもおもしろいものばかりです。



1~2日目はお天気が良かったので、
お手頃価格の着物や茶碗などを屋外展示いたしました。
(現在は、店内にてご覧いただけるようにしております。)



ワタシは、というと、ゆっくりご覧いただいたお客様にお茶をご用意しておりました。
ときどき、お召し上がりいただいたお茶のご説明をお聞きいただいたり、
お客様からのお話をお聞かせいただいたりしておりました。



展示会が終わり、通常営業に戻りましたが、
なるべくお茶をお召し上がりいただけるように努めております。
ひそかにかなりうれしいのは、お帰りの際、
「おいしかった」とのオコトバをいただける回数が増えたことです。

まだまだ課題は山積みですが、自覚しながらこなしていきたいです。

自分のブログでお知らせできるかどうかビミョーではありますが、
夏にイベント出店させていただける予定です。
久しぶりのオニク(名前は出しませんが・・)なので、がんばります!

PageTop

新宮~高瀬ツアー! 2016

昨年に引き続き、今年も脇製茶場様にオジャマいたしました。

この日はかぶせ茶の手摘みが行われていました。



覆いがかかっていた部分は緑濃く、
かかっていなかった部分との差が明確です。



別の畑では機械摘みが行われていました。



また、お店の前ではNHKさんの取材があり、
急きょ、手もみの撮影が始まりました。



撮影後、図々しくも手もみに参加させていただいてしまいました。。
(すっかり忘れてしまっていましたが、楽しかったのであります!)

その後、香川県の高瀬町へ、
香川県と徳島県のイントラのセンパイたちに会いに行きました。



1週間後、徳島で開催される「阿波銘茶紀行」のお手伝いに参戦させていただきます。
個人的には、そのキックオフ、の気持ちです。

同会場では、高瀬茶の新茶も振る舞われていました。
やわらかな味と香りでした。



イベントは、高瀬茶業組合さんの敷地内でしたので、
農家さんが生葉を軽トラで搬入されているところを見ることもできました。



先に訪れた脇製茶場様でも、新茶を試飲させていただきました。
今年も、香りも甘みもしっかりとしています。



茶殻も美しいです。



さらに、今年つくった紅茶も試飲させていただきました。
去年までとはちがい、和紅茶にありがちなイヤなのぺっと感がなく、
完成までさらに近づいたように感じました。



全国各地のお茶ともさんたちからも、製茶の声が聞こえ始めました。

今年もシーズンイン、です。

PageTop

地域創成研究センターシンポジウム「発酵茶の可能性を探る」

1月に引き続き、微生物発酵茶のシンポジウムに潜入して参りました。



今回も、ワカモノもたくさんいて、そういった意味では安心しました。



テレビの取材も入っていました。
(どこの局で、いつ流れたんやろう。。)



私にとってのいちばんの収穫は、
富山県のバタバタ茶を体験し、飲むことができたことです。



穀物っぽい味で、泡立てることにより口当たりもまろくなるので、
確かにこれは何杯でも飲み続けることができそうです。



ちなみに、、、シンポジウムとしては、私個人的に、、、
まあ、そうですょね、、という感想です。

せっかく国内4種がそろったので、協力し合い、
たくさんのかたに飲んでもらえるように、
もっと具体的に話を進めることはできたらなあ、と思いました。

天狗黒茶、あらため、石鎚黒茶の製造も、
課題は山積みのようなので、できることを全力でお手伝いしたいです。

PageTop

「石鎚黒茶と四国の発酵茶」フォーラム

愛媛県西条市にある、石鎚山ハイウエイオアシス館で、
四国4県のうち3県に存在する、
微生物発酵茶のシンポジウムが開催されました。

この日は、ときおり雪が吹雪くような寒さで、
まず会場にたどり着けるのか不安でしたが、
いざ現地に到着すると、欠席者がいない!という恐ろしい状態でした。

西条市長のあいさつなどのあと、
主催者である、愛媛大学の教授のお話がありました。



休憩時間には、各地のお茶の試飲会!



小学生くらいの子や、高校生といったワカモノもいて、
知名度を上げる意味では、成功してるなあ、と思いました。



個人的なまとめとして、、
「健康機能性など、ちゃんと謳えることはほぼ未解明」ということを
自分自身で教授に直接質問したことによって確信できたので、
もやもやしたものがはっきりともやもやしました。

ドシロウトの感想などは置いておいて、
マジメな報告ページを見つけたので、ご参照下さい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。