日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

菜の花まつり

3月26・27日は、オニク初の2デイズでした!

110326_001.jpg

東温市見奈良にある、クールスモール敷地内「坊ちゃん劇場」前にて。

110326_002.jpg

ちなみにこの日は前作から新作までの切り替え期間で、劇場もオヤスミ・・

今回のオニクはこんな感じでした。
(もしかして、、おいらが乗っている写真は初めてでは・・)
雑貨を外に展示し、お待ちいただくあいだにご覧いただけやすいようにしてみました。

110326_003.jpg

上の写真でおわかりいただけると思うのですが、なんせ風が強かった!
オニクは火鉢と鉄瓶を使っているので、車内は灰まつりです。

110326_004.jpg

風が強いので体感温度はかなり寒く、あたたかい飲みもののオーダーをいただきました。
午後はお抹茶のオーダーも多数いただけたのですが、若いかたが多くて驚きました。
まだ小学生にもなってないくらいのお子さんもいらして、
普段からお抹茶を好んで飲んでいる、とのこと・・
パパくんも一緒に召し上がってくださいました。
親子でお抹茶だなんて、優雅でステキやなー、と思いました。

下は、ついこのあいだ中学校を卒業した、というお嬢さんたち・・

110326_005.jpg

フタリは幼馴染で、左側のカノジョが県外に引っ越してしまうそうで、
旅立ち前のお茶しばきにお立ち寄りくださいました。
そんな大切なひとときをオニクのお茶で過ごしていただけて、うれしかったです。

また、きまぐれ仲間の「綿ノ森工房」さんもご来店くださいました。

110326_006.jpg

前回のきまぐれ市のときにご購入くださった、
はとキーホルダーをケイタイにつけてくださっていました!
綿ノ森工房さんの作品の横にちんまり、と!!
(ご愛用くださり、ありがとうございます☆)

会場の全景。
ゆったりしています。

110326_007.jpg

午後からはお客さまも少しずつ増え、ワンコ連れのかたもちらほら・・
そんな中、特別に目を引くかっちょいい子が!!

110326_008.jpg

アフガンハウンドちゃん。
カラダが大きい分、心も大きく、鼻のアタマを触らせてくれました。
(ありがとーぅ!!)

今回のイベントも無事に終えることができました。

西日本は動かなきゃ!です。

110326_009.jpg

がんばれ、がんばれ、東日本!
菜の花も桜もれんげ草も・・きれいな姿を見せてくれる日はもうすぐです。

br_decobanner.gif

PageTop

3月21日の予定変更のお知らせ。

あさって3月21日(月・祝)に予定されていた
道後いっぺんさん@宝巌寺は、雨天により中止となりました。

今年初のいっぺんさんでしたが、お天気には勝てません・・
あのまったりとした独特の空間には青空が似合います。

個人的には観光客のかたにも足を運んでもらえるような、
「道後」という街に密着したイベントになってもらいたいな、と思っています。

タイミングがあえば、ぜひまた参加させてください☆

br_decobanner.gif

PageTop

第71回 きまぐれ市

行ってきました、今年は皆勤賞狙いの「きまぐれ市」!

なんと、今日はヒトリだけのじかんがありました。
朝一とお昼過ぎからはヘルプに入ってもらえたのですが、
そのあいだは、、、まーぁ、テンパりまくりまくりすてぃ(若い子にはわかるまい)です。

当然、写真を撮る余裕もなく・・

いやぁ、ハトってかばいいですね!

100319_001.jpg

今日はあったかかったので、冷たいメニューもご用意いたしました。

しかし、予想に反してあたたかいお茶のオーダーを多数いただき、
「お茶をスキなかたって、こんなにいてるのか!」とうれしくなりました。

今回もいろいろなお客さまにご来店いただけました。
できる限りたくさんのかたとお話をしたいと思っているのですが、
もし心が入ってないように感じたお客さまがいらっしゃいましたらお詫び申し上げます。

申し訳ございませんでした。

なるべくゆっくりした気持ちになっていただきたいのですが、
その空気を作るべき自分自身に余裕がなくてどうする!といつも思っています。

回数を重ねるごとに、前よりはマシ、前よりはマシ・・と、
自分では前に進んでいるつもりなのですが、それを判断していただくのはお客さま。
「こうしたほうがいいょ!」とご教授いただけましたら、幸いです。

先日、地元の経済紙「海南タイムズ」さんに掲載していただきました。
取材時には、アタマの中で点・点・・と存在している考えを、
ゆっくりていねいに聞いてくださり、くるりと線でつなげてくださいました。

そして、それをご覧になりご来店くださったお客さまも!!

100319_003.jpg

ご来店くださったみなさま、今日もありがとうございました!

今日のイベントでは、外会場から中へ入る正面入り口に、
東北地方太平洋沖地震で被災された地域のかたへ贈る義援金箱が設置されていました。
直接には見られませんでしたが、たくさんのかたが協力してくださったことと思います。

実はあの日、私はトウキョウにいました。

私が見た限りでは、怪我人も、建物の被害もありませんでした。
あったのは、電車が止まり、携帯電話の電波は通じなくなったことによる、
バス・タクシー乗り場および公衆電話につながる長蛇の列、
さらには公共機関をあきらめ、歩いて自宅を目指す多数の帰宅難民。
例にもれず、私もそれぞれに並びました。
その後、なんとかホテルにたどりつき、
深夜3じにテレビのニュースで目にしたのは信じられない光景でした。

地震から1週間が過ぎ、日本国内だけではなく、世界中が支援の手を差し伸べてくれています。
それぞれみんなができることをしてくれようとしています。

西日本に住むわたしたちは、義援金や物資の支援ができます。
それだけではなく、ありがたいことに働くことができます。
今までと同じ生活を送ることができるのです。
それらで日本は動いています。
動かすことができるヒトは動かし続けなければ、日本は止まってしまいます。

今、どこででも叫ばれていますが、「自粛」という一言で、
「不謹慎」だとたたかれることから逃げている行政が多いです。

義援金募金や献血、物資(必要なものだけ!!)の援助も、継続的にすることが大切。
それとおなじくらい、いつもとおなじ生活を送ることも、大切。

私はそう思っています。

100319_002.jpg

ラブ、アンド、ピース。

br_decobanner.gif

PageTop

3月19日(土)の出店について。

「東北地方太平洋沖地震」で被害に遭われたかたがたのために、
今、日本中の各地で、あらゆるあたたかい動きが起こっています。

来る3月19日(土)にオニクが参加させていただく
きまぐれ市(@松山総合コミュニティセンター)」では、義援金箱が設置されるそうです。

オニクでも、今の自分だからできること、をします。


義援金を強要するつもりでこれを書いているわけではありません。


私たちは「いつもの生活を送ること」がいちばんの任務だと思っています。


イベントは、いつものようににぎやかに開催されるでしょう。
天気予報ではあったかくなるみたいですね。
市駅まで公共機関を使って、そこから散歩がてら、というのもいいかもしれません。

オニクでは、新製品である「セミオーダー式☆ふんわりストラップ」の受付も、
湯ノ山縫製工場スタッフ自ら承る予定です。

110314_001.jpg

おじかんがありましたら、ぜひ遊びに寄ってくださいね。

br_decobanner.gif

PageTop

アンティーク着物でお茶席。

松山城二之丸史跡庭園にあるお茶室で、裏千家淡交会が中心となり、
毎週土日祝日にお抹茶をおもてなししております。

あいにくの雨でしたが・・(もしかして、おいらのせい!?)

110306_001.jpg

この週末は先生が当番でした。

110306_002.jpg

本来、お茶席のために選ぶ着物は「いいもの」なのですが、
この日は先生に許可をいただき、カジュアルな着物を選びました。
(ちょっとわかりにくいけど、黒字に白水玉+赤*白ボーダーの帯にしました。)

110306_004.jpg

お客さまがお見えになるまでは、ひたすらお稽古です。

110306_003.jpg

ずっと雨やし、寒いし、、、さすがに観光客のかたも午後からは途切れ、、、
ちょっと淋しいお茶席になりました。

110306_005.jpg

しとしとと降り続けていたけど、小鳥は忙しそう。

春も近いのだね。

br_decobanner.gif

PageTop