日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

第11回 かざはや踏んだら走る市

数日前までは、雨の予報でした・・が、快晴!



広い芝生に現れた、ジャンボスライダー。



子どもだけでなく、オトナまで魅了してしまう・・シャボン玉。

あまりにも人気で、用意された30リットルのシャボン液が
午前中でなくなったそうです。



なんと、レシピは愛媛県総合科学博物館プロデュース、とのこと!
(そらよう膨らみますゎ・・)



かわいい子たちにカメラ目線をもらったり・・



小さい子に全身で拒否られたり・・



そんな今回のオニクは、こんな感じでした。



ランチ(ほぼ1種類)には、オススメのお茶が付いています。



参加させていただいているイベントには、
ほかにもいろいろおいしいお店さんがいらっしゃるので、
合わせてお楽しみいただけたら、うれしいです。

この日はとても暑かったのですが、
特に抹茶のアレンジティーを喜んでいただけて、うれしかったです。

まだまだやってみたいことはあるけども、なかなか実行にうつせないー
ちまちまとしか動けておりませんが、あたたかく見守ってやって下さい。

PageTop

第120回 きまぐれ市

きまぐれ市・・なんと、10周年ですっ!!!!!



記念のおもちに、水軍太鼓。
いろんなところから、主催者さんへのお祝いのコトバが聞こえます。

オニクももう5年ほどお世話になっております。
このイベントに参加させていただいて、毎回いろんな発見があります。
(これからも、どうぞよろしくお願いいたしますっ!)



今回のオニクは、こんな感じでした。



ぼちぼち、夏モードに切り替えです。



今の時期、茶産地はおまつりさわぎ・・



この日、以前からとても気になっていた、
今治で紅茶教室を開講されている「Tea Salon 茶笑~SAE~」さんと、
やっとご挨拶をすることができました!

白いシャツがお似合いの美人なかたで、でもとても気さくないいヒト☆
お茶仲間ができて、うれしいです。



この日、きまぐれ市に初めていらしたかたとお話しすることができました。
「楽しいですょ!」という私に「楽しいですね!」と笑顔でお答え下さりました。



お客様も出店者も、みんながいいカオになるイベントです。
次は15周年かな?20周年かな??
そのときも記念のおもちをいただけますようにっ☆彡

PageTop

阿波銘茶紀行~日本茶の「キ」~

ここは、徳島県徳島市にある徳島城博物館。



この博物館で、毎年この季節に開催されている、
徳島県在住の日本茶インストラクターリーダーさんによるイベントに、
お手伝いとして、参加させいただくことができました。



今年はなんと、11回目!



そのテーマは、、、
=======================================================
お茶にまつわる「キ」は、さまざまあります。
茶樹の「木」、うつわの「器」、心持ちの「気」など、
日本茶の基本の「キ」を確認しながら、
徳島県産5種類のきき茶といれ方の違いによる楽しみ方を実習します。
=======================================================
・・でした。


(↑この文字も、そのかたの「趣味」だそうです・・!!!)

前半で、きき茶。



後半では、新しい品種でもある「サンルージュ」というお茶を使い、
これからの「お茶」についても体験していただく内容です。

参考サイト
 ・日本製紙
 ・農研機構



緑色のエプロンをつけているのが、日本茶インストラクターのメンバー。
その後ろでは、サポートメンバーが見守ってくれます。
なんだか、その関係も、ものすごく心地よかったです。



そして、開講じかんとなり、
約3倍の倍率をくぐり抜けたみなさんとともに、
楽しいひとときが始まりました!



前半のきき茶では、
私たちも裏でこっそり?と参加させていただいていたのですが、
なかなか難しかったです・・
でも、それもみんなでわいわいと楽しいじかんでした。

そして個人的にも楽しみにしていた、サンルージュの実験!

このお茶の色は、ものすごいグレイなのですっ
そこにオレンジ(愛媛産!←たまたま・・)をちょっと絞ると、、



紅い色へと変化します!



炭酸水だとさらにわかりやすい、ルージュカラー!!



今後、お茶は、おいしさや香りのいいものだけでなく、
機能性も期待される、飲みもの、へと変化するのかもしれません。

120分のイベントは無事に終わり、
プチ反省会のあと、みんなでおいしいゴハンをいただきました。



先にも書きましたが、11回目をも迎え、
受講希望者は定員の何十倍もの応募があり、
参加者全員が本当に楽しそうな笑顔のイベントが
おなじ四国内で開催されていることを知りませんでした。

実は、スタッフはメインのかた以外は徳島県外から、、
遠くは京都からもおいででした。
カノジョの人柄のためだと、心底思いますが、それだけでなく、
果てしない大変な下準備があってこそ、だとも思います。

今回もまた貴重な体験をさせていただきました。
来年もよっぽどのことがない限り、参加させていただきたいです!
(まだ大きな声では言えませんが、愛媛でも開催できると、いいなあ。。。)

PageTop

初めての、お茶づくり(2日目)

お茶づくりが過酷だ、という話は、耳にしていました。
でもそれは、大量のお茶の葉を扱う工場でのことだ、と思っていました。



師匠には「何をつくるの?」と何回か質問されました。

本当は包種茶がつくってみたかったけど、
それにはお茶の葉が小さいことなどの理由もあり、
「紅茶です」と答えました。



緑色のお茶の葉を、1~2じかん置きに、
ゆすって、揉んで、水分を与えて、を繰り返すなんて・・



重量を半分まで減らせたら、乾燥、だなんて・・



途中、何度もお茶の葉を土に還したい!とココロ折れました・・



新宮から松山へお茶の葉を運んだのが、4日のヨル・・
そこから作業を始め、34じかん・・

センパイにお借りした小さな乾燥機で、乾燥させます。



なんとか、色は紅茶っぽいかな?



香りは、、、ナシ!



味は、恐れていたものは出ていないものの、、、という感じ。



本来であれば、あと10gは減らさなければいけなかったのですが、
次の予定があったので、無理やり完了にしてしまい、
まあまあ不完全燃焼です。

師匠は写真だけで、いろいろアドバイスを下さいました。
もう少しマシなものだったらば、お送りしたかったのですが、
それさえ許されないレベル・・無念。。



とうとう、手を出すまい!と思っていた、製茶デビューを果たしてしまいました。
お茶ともさんたちが、楽しそうにしている理由も理解できました。

なにより、茶農家さんの苦労が垣間見えたように思います。
感謝して、おいしくいただかなきゃ、です。

センパイの超多忙シーズンが落ち着いたころか、
夏くらいに、再チャレンジ!の予定です。

PageTop

初めての、お茶づくり(1日目)

またまた、新宮です。

ちょっと前から、お茶をつくってみよう!という話が浮上していました。

本気のお茶づくりはまったくの未経験だったので、
センパイにお願いして、紅茶をつくってみることになりました。

てっきり、センパイの見よう見まねで、かと思っていたのに、
「ヘビにかまれたら、連絡してね」と、気づくと茶畑にさわやかな風が。



お茶摘み体験や、地方の番茶づくりには参加経験がありましたが、
製茶のためのお茶摘みは、見学しかしたことがありません。

日が暮れるまでに、このカゴいっぱい、が目標。



午前中は、まず摘みかたがはっきり理解できておらず、
成果はたったのこれだけでした。



超多忙なセンパイに無理を言い、お昼前に軽く再指導を受け、
お昼やすみをとったら、気合いを入れ直して、リスタート!です。



私がお茶を摘んでいるあいだ、センパイはテスト用の紅茶をつくっていて、
その乾燥工程に入るタイミングで、工場へ移動。

午前2じかん、午後3じかんちょい、で、500gに(まったく!)足りませんでした・・



そこから、トウキョウの師匠へ連絡、ご指導をお願いしました。

まずは大きなざるに薄く広げ、お茶の葉をしなっとさせます。



そのあいだに、完成したセンパイのテスト用紅茶を試飲してみたり、
このあとの作業について軽く教えていただいたり、しました。



そして、、松山へ。

さすがにあの大きなざる全部はムリなので、
センパイに2ざるを引き受けていただき、それでもこのサイズ。



ここから、予想していなかった「じかん」が続くのであります・・

PageTop

湯築市

今年度も、道後公園で湯築市が始まりました!

松山市内でも、わんこと一緒に歩くことができる、
数少ない公園のひとつです。



ゴールデンウィーク中ということもあり、微妙なお天気ではありましたが、
たくさんのお客様にご来場いただけました。



大きな木の下で、市内電車の走る音を聞きながら、
ゆっくりと歩くのにもちょうどいい広さの場所です。



今回のオニクは、こんな感じでした。



途中・・というより、予想より早く雨が降り始め、
今回も黒板は無残な姿に。。。



そして、、ありがたいことにっ
おにぎりは(奇跡的☆に)完売御礼でございますっ

これから気温が高くなるから、またいろいろ考えねば。。。



ハトと一緒に散歩しているおじさんに会いました。。
たぶん、以前、大街道かどっかでも会ったことがあるかたでした。。



地元だからこそ、なかなか道後へ足を運ぶ機会が少なくなりがちですが、
公共機関下車すぐ、クルマもちょっと歩くけど無料駐車場もあります。
本当に気持ちいい空間なので、ぜひいらしてみて下さい。

PageTop