日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

釜炒り茶づくり、レッスン!

日本国内で、よく飲まれている日本茶は、
蒸し製のお煎茶ですが、
釜で炒る、釜炒り茶、という、お茶があります。

前日、小松で一緒に天狗黒茶のお手伝いに参加してくれた
静岡の農家さんにお願いして、製茶を教わることができました。

メインで講習を受けるのは、愛媛県四国中央市新宮町の茶農家さん

私は便乗して、茶摘みから参加させていただきました。
(手摘みがだいぶ上達したのですょー!)



約2じかん30ほど手摘みしたお茶の葉を、
直射日光の当たらない、でも陰すぎない場所で、
萎れさせます、これを「日干萎凋」といいます。



お昼前に到着した静岡の農家さんの指導のもと、
お茶の葉の萎れ具合、色や香りを見ながら、室内に移動させるタイミングを計ります。



少し外に置きすぎてしまい、お茶の葉の温度が上がりすぎたので、
傷つけないようにあおりながら、空気を通らせて、温度を下げます。



外気温がハンパないので、
お茶の葉の温度が上がりすぎないように、
萎れすぎないように、温湿度計を使いながら、さらに待ちます。



お茶の葉の発酵が進むと、赤く変化するのですが、
これは、発酵によるものではなく、
日干萎凋させたことによる変色、葉焼け、です。
(めっさ、むずかしい・・)



そして、青臭い香りから、心地よい青い香りに変化したところで、
発酵を止めるため、釜で炒ります。



ある程度、水分が抜けてきたところで、揉みます。

このワカモノたち・・ 流派は違うけども、
それぞれ手揉みのお免状を持っているのです。
(お茶処ってそんなんなん!?)



そんな感じで進む講習の裏では、
豪華なお茶会も並行して開かれておりました。

釜炒り茶にも、ものすごい数の種類があるのですね。



お茶農家さんフタリ、雅な街の有名店に勤めるジョシ、ワタシの4にんで、
「どれがいい香りでしょうか!」「どれがおいしいでしょうか!」ゲーム☆とか。。。



講習後には、ちっちゃな即売会も開催。

「香りシリーズ」を入手いたしましたので、秋以降、
オニクで飲み比べとして、お出ししたいと思います。



打ち上げは、霧の森にある茶フェで、
夏の人気メニュー「新宮しぐれ」を、わいわいといただきました。

これ、はったい粉をトッピングするのですが、
すんげー、おいしい!



今まで、何回か製茶にトライし、
超激多忙な師匠に、メールや電話でご指導賜るも、
ザンネンな結果に終わっていましたが、
やっと嗅覚や触感といった五感で感じることができました。

師匠のおっしゃってたことが、なんとなく理解できたと思います。

製茶には手を出すまい!と思っていたのですが、
楽しい・・と思ってしまったのは、シッパイなのか、どうなのか。

なんとかまたトライできる機会を得たいです。

柴本さん脇さん、ありがとうございました!

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その7>

今期最後の刈り+蒸し作業の日です。

早朝6じ45くらいから、作業が始まっておりました。



元さつき会会長の近藤さんもお元気です☆



この日はなんせ暑かった。。。



新宮町静岡県京都府からも、ピースさんのお手伝いに参加!



県の職員さんは、葉の色を数値でデータ採取されておられました。
来期以降、活かすことができるといいなあ。



葉を取り除いたあとの枝の量も、いつもの1.5~2倍!



完成量も、当然、今期いちばんです。



このあと、揉み → 干しと続きます。



前回、揉み作業に参加させていただいたのですが、
体力的には刈り+蒸しがキツイです。
でも、カラダ張るのは、揉み作業です。

たぶん、私はお手伝いに伺えないので、申し訳ないです・・



さらに、干し作業を終えると、袋詰めを行います。

利用者さんに、細かい作業が得意なかたがおいでて、
とても丁寧に異物を取り除き、ティーパックを作っておられるようです。



使いやすいティーパックも、オススメ!

【おまけ】
後日、この日の最高気温を調べると、34度。
枝取りをする室内は、おそらく体温くらいには上がっていたはず。

実は、この日のヨル・・
前頭部がぱかっと開いて、鳩が時を刻みそうでした。

利用者さんのヒトリ、まーくんが、
「おばちゃーん、ムリするなよーう」って言うてくれたのに、
張り切りすぎてしまったモヨウ。

今後は、歳を考えようと思いました。

今期、あと1回は、干し作業にオジャマできるかも。

みんなで楽しくおいしい黒茶をつくっています。
ご興味のあるかたは、ぜひピースさんへお問い合わせ下さい。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その6>

本日は、揉み作業です。

蒸す

↓(好気発酵)

揉む      ← ココ!

↓(嫌気発酵)

干す



蒸したお茶の葉を、好気発酵させていた木箱から出します。



それを囲うように、みんなで作業します。



葉は・・ よく発酵できているようです☆



ぁ、種だ!



種の周りによく菌が付く、と言われているのが、これです。



作業内容は・・ 出した葉に混在している、種、枝や異物を除去。



葉だけを、洗濯板で揉みます。

県のかたの調査によると、約7回くらいがちょうどいいそうなのですが、
もともとの葉の状態や、発酵状況によって、
葉が硬かったり柔らかかったりするので、調整は必要です。

また、揉みすぎると、次の嫌気発酵のあいだに、
葉肉の部分がなくなり、葉脈だけが残る状態になってしまうので、
それもまた、なかなか難しかったです。



そして、揉んだ葉を厚手のナイロン袋に入れ、
空気を抜きながら口をふさいで、嫌気発酵、スタート!です。



上の写真の先生がマスクを装着されているのには理由があります。

以前より、毎回この作業のあと、、、
厳密にいうと、作業日のお昼すぎくらいから、
だんだん頭痛が始まり、翌日には発熱することもあったそうです。

この話を聞いていただけのときの私は、
「単に疲れがたまってただけなんじゃないのかな?」と
軽い気持ちでした・・ が、自分自身もだんだんと頭痛が、、

もしかしたら、菌の影響なのかも!と、
マスク、うがい用の水、龍角散を持参されておられた先生に、
私もマスクをわけていただいたりしたところ、
夕方まで体調を崩すようなことはありませんでした。

菌のチカラを甘くみちゃ、ダメ。

この日は、いつもより参加人数が多かったそうで、
少し早めに作業を終えることができました。

翌日は、前週分の干し作業を行うため、
軽トラに乗せて、山から降ろします。



空いた木箱は、2日後の蒸し作業に使うため、
これまた、山から降ろします。



今年度の天狗黒茶製茶作業も、あと1ターンです!


(ワンコは、やさしいヒトをよく知ってるょね☆)

=========================================================
天狗黒茶の購入方法、お問い合わせは、ピースさんへお願いいたします。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop

四国 日本茶インストラクター 研修会!

場所は、香川県のお茶どころのひとつである高瀬町にある、
高瀬茶業組合さんの研修室!



ここに、四国四県から日本茶インストラクター(一部)が集結いたしましたっ

ことの発端は、ある企業さんから、この週末指定で、
「お茶の淹れかた教室」の開催依頼があったのですが、
今回はザンネンながら延期になってしまったこと。

以前、茶苗の見学ツアーのときにも、
「四国のメンバーでなにか一緒にできたらいいのにね!」という話もあり、
せっかくみんなおやすみ取ってるし、集まろうゃ☆という経緯でした。

日本茶インストラクターに登録はしているものの、
個人情報を開示希望しておられないかたには連絡をとることができず、
また、連絡をとることができたけれども、都合があわなかったかたもおられ、
この日、集まることができたのは、この10人。



持ち寄ったお茶やおやつをおともに、話はだんだんヒートアップ!

(↓左から、、、石鎚黒茶(!)、土佐の釜炒り茶、滋賀(だったはず)の煎茶)


上の写真ですが・・特筆すべきはいちばん左の「石鎚黒茶(!)」。
(袋は天狗黒茶ですけども・・)

実は、石鎚神社に奉納されていた、当時の石鎚黒茶で、
この世に現存する残りわずかな、本当に貴重なお茶なのでした!

保存状態はよくなかった、と聞いていたのですが、
そんなことを微塵も感じさせない、まろやかなおいしさ。
センパイと「おいしいね!」と顔を見合わせてしまいました。

いつもの天狗黒茶とは、ベツモノでした。

石鎚黒茶の最後の製造者である、曽我部さんのお話では、
小学生くらいのちいさな子どもたちが、
おいしくて「おかわり!」と言っていた、とのことでしたが、
ひそかに疑っておりました・・ごめんなさい。

今、ピースさんたちとつくっている天狗黒茶は、
その曽我部さんも認めて下さっているのですが、
さらに可能性を感じた瞬間でした。

そして、午前は座学および質問会でいっぱいいっぱい!

お昼は、地元在住メンバーおすすめのさぬきうどん☆



午後は、茶工場見学をさせていただき、
四国在住日本茶インストラクター活動、および、
来年開催される大きなイベントについての意見交換、など、
予定時間をオーバーしてしまったけど、まだ足りない!くらい充実した研修会でした。



その後、丸亀といえばここでショー!というお店でヨルゴハン。
(個室に入ることができたことをいいことに、ここでもヒートアップ!)



みんな、本職はバラバラ。
でも、お茶に対するキモチは一緒。

ヒトリではなかなかできないことも、
このヒトたちとなら「1+1+1・・」は「1×2×3・・」にできそうです。



今後、日本茶インストラクターの資格を活かしたい!、、けど・・なかたを、
受け入れられるような体制をつくり、
ともに普及活動していく方向で、
ワタクシ、その広報担当に立候補!いたしましたので、
年内には新たなURLをご案内できるよう、がんばりますっ


(恐るべし、うどん県。)

次回の研修会は、雪の降る季節の予定です。

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その5>

朝8じ。

朝いちばんの様子を見たかったので、
がんばってまあまあ早く着いたつもりだったのですが、
甘かった・・

前日に、農家さんが刈って持ってきてくれているお茶の木を、
すでにカットする作業がスタートしておりました。



しかも、1回目の蒸しも始まっていました・・



この日は、地元の大手企業さんが発行している冊子の
取材がありました。



掲載してもらえるのは、来年、とか・・(ぇ



午後過ぎて、突然、団体さんが見学に襲来。



先生がたをはじめ、利用者さんたちは、
みんな笑顔でやさしくご対応されていました。
またまた自分のゲスさを痛感した出来事でした。。

また、先の取材の一環で、集合写真を撮影する場面もありました。



そんなこんなで、作業としては、ちょっと進まなかったのかも。。
でも、みんなの体力的には、助かった日でした。

ただ、今年は例年よりも多い量をつくる目標なので、
今期最後になる来週は、ラストスパート!でがんばります。

働き盛りなゲストが数名いらっしゃるので、
シンラツながら、めっさご協力賜ろうともくろんでおります・・ふふっ

=========================================================
天狗黒茶の購入方法、お問い合わせは、ピースさんへお願いいたします。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop

第123回 きまぐれ市

ぼちぼち、梅雨明けでしょうか!



雨の日が続いていたこともあってか、
お天気になったこの日は、みなさま、お出かけ日和☆



屋内も暑くなりそうです。



きまぐれ市には、さまざまな出店者のかたがおいでです。

オニクのお隣のかたは、ちりめんなどを使った小物を作る作家さんで、
さらにはお人形さんの着物を作ったりもされるかただそうで、
さらっと、制作会議が開催されていました。



ジョシ力がものすごく高い、作家さんも数多く、、、



綿の森工房さん、オーダーメイドも受け付けて下さいますょ!
(過去、オニクも、この子たちがハトになった感じの子たちを作っていただきました☆)



お客様からのオーダー後、お湯を沸かして紅茶を淹れる茶笑さん、
ワタシにとっての勇者。



そんな今回のオニクは、、、でかい忘れものをするという大失態!
(この後、イモウトが届けてくれました・・感謝なのでありますっ



ランチメニューには、水出しのお茶をお付けしております。
愛媛県四国中央市新宮町のお茶です。



さらさらっとお召し上がりいただける、冷やし茶漬けは、
水出しのお煎茶とほうじ茶の2種類を、同時にお楽しみいただけます。
(ほうじ茶は愛媛県産ではない場合がございます。)

ちなみに、添えものであるきゅうりのお漬ものは、昆布茶入りです。



個性的なお店が集まる、きまぐれ市。
会場を歩くだけでも、充分にお楽しみいただけると思います。



オニクは、夏のあいだ、おやすみさせていただくのですが、
スタッフさん手づくりの看板を目印に、どうぞお越し下さいね!

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その4>

日本列島に、甚大な被害をもたらした、
11号が四国へやってきた日の朝・・松山は快晴でした。



しかし、桜三里を越え、愛媛県東予へ入ると、天気は大荒れでした。



しかし、農家さんは強い!
これくらいの風雨では「中止」なんて選択肢はないのですね・・!!

この日は、県の職員のみなさんもおいででした。



お昼直前、とうとう警報が発令されてしまったので、
ピースの利用者さんたちは、終わりの会をもって、解散となりました。



そして、待機中のお茶の葉たち・・がんばれ、蒸し器。



今年度から、利用させてもらえることになった畑の葉は、
大きく立派な葉です。



お茶づくりには、体力が必須です。

前週、すでにみんなケッコウへろへろでしたが、
全員一緒にがんばっております。



発酵させる状態になったお茶は、温度を測ったり、
経験にプラス、科学的なアプローチも行っております。



県のかたは、シャーレも持参されておいででした。



一次発酵中のものは、見た目も香りもそれぞれちょっとずつ違いがあり、
その理由を解明できるといいなあ、と思います。

今年の作業も折り返し。
梅雨明けしちゃうと厳しい暑さがやってきますが、
ムリのないペースで、がんばろう。

=========================================================
天狗黒茶の購入方法、お問い合わせは、ピースさんへお願いいたします。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop

「天狗黒茶」の干し作業!

いつも、毎週木曜日の蒸し作業ばかり参加させていただいているのですが、
その作業後、翌週前半に干し作業が行われています。



二次発酵まで終えたお茶の葉を、再度揉み、
不要な部位を取り除きつつ、ほぐします。



それらをゴザの上に並べて、表→裏と干します。



去年の干し作業もご参照ください。



今年は梅雨が長いので、日にちを選ぶのも一苦労です。

写真をご提供下さった、井出先生。
ありがとうございました。

PageTop

第2回 野芹の日

街中のオアシス的な存在のカフェ、野芹さんでのイベントです。



入口に入ってすぐの通路は、風がよくとおることもあり、
イベントがスタートしてまもなく、たくさんの笑顔が見えました。



この日は、オカリナの生演奏も!
(ちなみに、次回はもっと豪華になるらしい・・



屋内では、着物やさんが人気で、、



出店者のかたも、着せてもらっていました。



なごみさんは、カラダを動かすのになあ、、と思っていると、
たすきをかけて、とても粋☆なスタイル。



中庭には、今回も新鮮な野菜が農家さんから届けられました。



今治から参加の茶笑さん、
いつもは使い捨てコップを使用していますが、
今回は洗いものができる、ということで、
グラスを使った見事なグラデなアイスティーを提供されていました。
(達成感☆ポーズ!



今回のオニクは、こんな感じでした。



オニクも、いつもは使い捨ての器を使用していますが、
今回は、塗りの器でご提供させていただきました。



前日のヨル、急に思い立って、氷水を用意しており、
おじかんのあるお客様には、冷水出しでお茶をご用意させていただきました。

お湯で淹れたときとは、また、ちがい、
特に、お茶の甘みやうまみをお楽しみいただくことができたでしょうか。

「野芹の日」の限定メニューとして、ちゃんとメニューに載せたいと思います!

それから、写真を1枚も撮ることができなかったのですが、
「テキトーに淹れて」という一言から、
プチお茶会のような状態になったじかんがありました。

緊張しましたが、とても楽しく、勉強にもなった出来事でした。

出店回数を重ねるごとに、自分的に得るものがあり、
やっと、だんだん楽しくなってきています。
(あとは、体力、かな・・

ちまちま、と、がんばりますっ

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その3>

木曜日は、蒸し作業の日です。



前日、当日ともに、ちょっと不安定なお天気だったこともあり、
朝のお茶の量は少なめでした。



これくらいの量だと、枝も取りやすいです。



朝一の分が終わるくらいに、追加便が届きました。



みんなで降ろして、みんなでカット。



熱中症がこわい季節なので、こまめに休憩も取ります。



作業が終わったらば、みんなで片付けします。



天狗黒茶づくりも、ようやく折り返し地点が見えました。

ここにきて、体調不良のメンバーがちらほらと・・

この日は、いつもより少なめで終了。



手前の洗濯板で、揉み作業を行います。



来週には、みんなプチ充電できているといいなあ。
(自分も例外ではナイ・・

=========================================================
天狗黒茶の購入方法、お問い合わせは、ピースさんへお願いいたします。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop

湯築市

道後公園にて、湯築市!です。



朝から、雨がぱらついてはおりました。



それでもたくさんのお客様にご来場いただきましたっ
(↓ オトナも参加OK☆の、スーパーボールすくい)



今回のオニクは、こんな感じでした。



お昼を待たずして、なかなかの本降りに・・



お昼すぎには、自由解散となってしまいました・・
屋外のイベントは、お天気次第でもあるので、ザンネンです・・



帰り、駐車場で寝ているハトを見ることができたことが、
この日のハイライト☆

次回も、がんばりますっ

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2015年・その2>

本日も、蒸し作業ですっ

お茶の葉が少なく見えますが、このあと、ちゃんと追加便が届きました。。。



カットしたお茶を、わっせわっせと洗います。



洗ったお茶の葉は、蒸し器で蒸します。
この蒸し器は小さいほうです。



蒸しあがったらば、布を広げた上に出します。
あつあつです。



その後、蒸しあがったものの、
葉と種以外の、枝や悪い葉などを取り除きます。

この日は、1回目のものだけちがう畑で刈ったものでしたが、
それは葉が小さく、枝が多く、除去作業にかなりじかんがかかりました。

2回目以降は、また別の畑で刈ったもので、
それらは葉が大きく、枝も少なめだったので、少しラクでした。



この日の仕上がりは、いちばん数のある小箱で約15箱分。
今までより、ちょっと作業量が多かったため、写真が少なめです・・



木箱たちを、いつもの場所へ運びます。

基本的には、チカラのあるヒトが2名で運搬します。
油断すると、腰をいわされる重さなのです。



ムシロをかぶせて、木曜日の作業は終了ですっ

左側のオレンジの丸に囲まれているのは、先週木曜日に蒸し、
2日前の火曜日に揉み作業を終えた、お茶たちです。

フタを開けると、完熟した甘いフルーツ・・ではないのだけども、
とにかく甘くていい香りがします!

農家さんのおいちゃんいわく、完熟したとうもろこしの香り、だそうです。



作業中、天狗黒茶はセルフで飲み放題☆



今年もおいしくできる、と、いいね!

=========================================================
天狗黒茶の購入方法、お問い合わせは、ピースさんへお願いいたします。
(県外発送もご対応下さいます☆)
**************************************
社会福祉法人 西条市氷見福祉協会
氷見授産場障がい者事業所 ピース

所在地 : 愛媛県西条市氷見乙1989番地1
Tel&Fax : 0897-57-9003
e-mail : peace@himi-f.sakura.ne.jp
**************************************
(オニクにお問い合わせいただいても大丈夫です!)

PageTop