日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

四国会 夏の研修~上勝晩茶研修!

いつの間にか発足していた 日本茶インストラクター四国支部、
通称「四国会」の夏の研修に参加してきました。



徳島市内から車で約1時間ほど、、
意外と近かったです、、が、山!です。



着替え等を済ませたあと、早速茶摘みです。
茶摘みとは名ばかりで、お茶の葉を1枚残さずこそげ取っていきます。
センパイがレクチャーして下さいました。



各自担当の木を決めて、作業前の写真撮影後、作業開始です。



コツは下から始めること。

軍手をして作業するので、ケッコウ手が痛いのかな?と思っていましたが、
全く痛くはありませんでした。



約20人で2時間足らず、、、20キロには届かなかったかな?
午前の茶摘みを終え、地元おかあさんがたのおいしい手料理をお昼にいただきます!



午後からはまた場所を移動し、お茶の葉の選別をします。



枝や実などを取り除いて、葉だけにしたものを、
ぐらぐらと沸いたお湯に浸けて茹でます。



少し押したりかき混ぜたら、、



木の蓋をして待ちます。



葉の色が変わったら、揉捻機に移します。



舟形の揉捻機です。
昔は両端に立った2人で息を合わせて擦っていたのだそうですが、
今は片方をモーターに改造されていらっしゃいました。



センパイのレクチャーのあと、みんな順番に体験していきます。
簡単そうに見えて、なかなか難しい、、

途中、私たちとは別のトウキョウからいらした団体さんも合流し、
その都度撮影大会状態!



約100往復したら、揉み作業は終わりです。



揉み終わったお茶の葉です。



お茶の葉を漬け込む桶です。
今回は体験だったので、コンパクトサイズのものでした。



揉んだお茶の葉を桶に移します。



漬け込むときに使用するのは、熱に強いシュロの葉です。
農家さんによっては、芭蕉の葉を使われるのだそうです。



茹でたお茶の葉を桶に入れ、棒で突いて空気を抜き、
シュロの葉で蓋をしたら、重しの石を載せます。



あつあつの茹でた汁を注ぎ、嫌気状態にします。



桶ごとダンボールで覆い、発酵させます。



下の写真はこの日より前に漬け込み始め、
ぶくぶくとキレイに発酵している状態のものです。



四国支部となり、初めての研修は大成功☆に終わりました。

県外からもご参加下さったかたも大勢おいでて、
みんなでいい汗をかき、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました!



秋には四国会主催のお茶会を開催予定です。

四国会」の活動を通して、四国のお茶の良さやおもしろさを、
たくさんのかたに体験して知っていただけるといいなあ、と思っております。

お時間が合いましたら、ぜひご参加下さい!

**************************************************
~ 追記 ~
四国会 事務局より、一目でわかる写真が届きました。

茶畑、丸坊主!

20170723.jpg

**************************************************



スポンサーサイト

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2017年・その1>

今年も夏がやってきました。



毎年、石鎚黒茶づくりのお手伝いに参加させていただいておりますが、
今年からは去年までと違う場所と体制になりました。

******************************
就労継続支援B型 ヴィセ(Visee)
愛媛県西条市三津屋444-10
TEL : 0898-72-2882
******************************



前日に刈ったお茶の木に絡まったツタや枯葉などを取り除き、
丁寧に水で洗います。



洗い終わったら、蒸す準備です。



今年から、かなり巨大な蒸し器(←機?)を使えることになりました。



約40分ほど待ちます。



蒸し上がったら、作業台の上に出し広げます。



鮮やかなグリーンがくすんだ茶色へ変化し、
大きな枝ごとパタパタすると、葉がパラパラと落ちます。



そのあと、さらに小枝や不要なものを取り除いていきます。



蒸したときに出た汁をかけて混ぜたら、木の箱に詰めていきます。



ふきんをかけて、この場所での作業は終わりです。



今年は発酵の差を確認するため、
木の箱とプラスチックの箱の2種類に詰めています。



この日はなかなか手際よく作業が進んだので、
まだ明るい時間に発酵させる場所へ移動することができました。



約5~7日ほど一次発酵させたあと、揉んで二次発酵へと進みます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。