日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

福岡県の八女茶と熊本県のお茶を巡る旅(2日目)

2日目は、星野村です。



星野村といえば、玉露で有名です。



玉露といえば、高いお茶!が代名詞ではないでしょうか。



それにはきちんと理由があります。



玉露は、旨みが特長です。

その旨みを生み出すために、お茶の葉を摘むちょっと前に、
太陽の光を遮って茶畑を暗い空間にすることにより、
旨みを葉の中に、ぎゅっと閉じ込めます。

この藁でできたむしろを使います。



先の写真で、ご案内くださった高木茶園さんがしゃがんでいたのは、
このむしろをかぶせる棚の背が、アタマをぶつけるほど低いからです。

ただでさえ大変な農作業を、腰をかがめて行います。

その上、玉露になる葉はすべて手摘みです。
手摘みということは、収量も多くありません。

これだけ簡単な説明だけでも、価格がそれなりであることが理解できます。

今、玉露農家さんの数が減っているそうです。

それを懸念している高木さんは、新しい玉露の飲みかたを考案されていました。



このミニすり鉢を使います。



だいたい10gほどの茶葉を・・



すります。



このとき、茶葉からの香りも楽しめます。

玉露をおいしくいただくためには、かなり湯冷まししたお湯を使います。
高い温度のお湯で淹れると苦渋みが出てくるので、低い温度のお湯で淹れます。



こまかくすっているので、
下に沈んで見える茶葉まで「食べる」というカタチで、
茶殻として捨てられる成分まで摂取することができます。

ポン酢などをかけて食べると、またおいしいです。



玉露を飲む機会は、そう多くないかもしれませんが、
値段だけを見て判断するのではなく、
ちょっといいカバンや服を買ったり、
ちょっといいものを食べたりするように、
たまに裕福なじかんをもつアイテムのヒトツに選ばれるといいなあ、と思いました。

その後、ちょっと急ぎ足で「茶の文化館」へ。



お茶に関する資料を見たり、星野村のお茶をいただくことができます。



「しずく茶」か「抹茶」が選べます。



「しずく茶」とは、その名のとおり、玉露のしずくを味わう飲みかた。



飲んでは、お湯を足して味の変化も楽しみます。



かけ足でお茶をいただいたあと、八女市のこのみ園さんへ。



この白壁の蔵の中では・・



まさかの火入れ!



職人の技を目の当たりにしますっ



これ、めっさキレイやない!?



こちらこのみ園さんの建物にはものすごい歴史があるらしく、
以前、地元で「石鎚天狗黒茶」の製茶体験に参加させていただいたときに、
東京から取材でこられていた研究者のかたが、ご指導にいらしたことがあるそうです。
(確かに、あの先生は「本来は、お茶ではなく建物が専門」とおっしゃってました・・)



明治時代(だったかな??)の建物にオジャマし、八女茶をいただきました。

建物自体もそうでしたが、欄間や飾ってある掛け軸や茶道具など、
みんな珍しいものばかりで、みんなキョロキョロしてました。



さらに奥には、昔、合組(ブレンド)を行っていたという蔵が!

その方法というのが、想像を大きくうわまわるダイナミックさで、
理解するのにじかんがかかりました。

なんかね、上から順番にがばっさーとお茶を入れてね、
ミルフィーユ状になったすさまじく大きなお茶のかたまりをね、
上からすぱーん!と切り落として、混ぜてブレンドしてたんだって・・って伝わるかな?



そのお茶の投入口が、この大きな入口です。
(実はまあまあ怖かったです・・)

それから、お店にはギャラリーを併設されており、
貴重な文献や資料がたくさんありました。



このみ園さんでは、近い将来、カフェをオープンされる予定だそうです。
お店のまわりにもレトロな看板や、横町町屋交流館
手すき和紙づくり体験ができる八女伝統工芸館などがあります。

また、クルマでの移動になるかとは思いますが、
そう遠くないところに、ひそかに九州一(だと思う!)の平山温泉もあります。

ぜひ、星野村、八女市にも遊びに行ってみてください。

高木茶園さん、このみ園さん、ありがとうございました!

(3日目につづく!)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する