日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

茶産地ツアー (2日目) : 碁石茶

上勝町をあとにし、高知県長岡郡大豊町の碁石茶農家さん宅へ向かいました。



碁石茶は、阿波晩茶とちがい、
好気性発酵のあと、嫌気性発酵をおこなう二段階発酵茶です。

製法は、愛媛県の石鎚黒茶もおなじですが、
ちがいは、漬けおきしたあと、切るか切らないか、です。



こちらの農家さんでは、茶葉は、
山茶(オレンジ)とやぶきた(赤)を使っていらっしゃるそうです。



この部屋にも土着菌が漂い踊っているのかな?



年季の入った桶!



漬けおきしたあと、これで碁石状にカットされるようです。



あうあう・・実はこのあたりのとき、
前日のヨル、調子に乗ってたくさん阿波晩茶をいただいたためか、席を外しており、
お話をちゃんと伺えなかったのです・・ザンネン。。



発酵状態を確認する、職人。



この日は薄曇りだったので、天日干しはおやすみでしたが、
前日に干していたものを見せていただくことができました。



愛媛県の天狗黒茶とちがって、茶葉に厚みがあるので、まだ湿り気がありました。

また、5年前の碁石茶をお持ちくださり、
今年の新茶と香りを比べさせていただきました。

新茶は若くつんつんとした香りなのですが、
5年ものはそのとげがとれ、まるい香りに変化していました。
保存状態をよくしていれば、こういった変化を楽しむこともできるのですね。



ツアーでご一緒させていただいていたかたに、
碁石茶のヘビーユーザーさん(写真真ん中)がいらっしゃいました。

毎年、ケッコウな量を通販購入されておられるらしく、
その場で今年の分を(これまたケッコウな量を)予約されていました。



生産者さんと消費者さんのこの笑顔は、
部外者であるにも関わらず、ものすごくうれしい気持ちになりました。

旅の終わりに「碁石茶博物館」へ立ち寄りましたが、おやすみ?でした。



大豊町は愛媛県との県境にあり、ちょっとスキなカフェもあるし、
ピースのみなさんと研修ツアーに来られたらいいなあ。

天狗黒茶のお手伝いをしつつも、製法などについての情報は得ていましたが、
その理由などがさっぱりわからず、専門家のかたに出逢いたい、と思っていたことが、
今回のツアーに参加させていただいて、叶いました。

このご縁が続くように願います。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!

生まれ育った四国は、秘境の地でした。
まだまだ知らないことが多すぎる。
じかんは足りないけど、足りないなりにうまく使って、
なるべく後悔しないように生きていきたいなあ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。