日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春のやまのそらの日。

松山では、はや葉桜がほとんどだというのに、
愛媛県と高知県をつなぐ寒風山トンネルを抜けると、雪が舞っていました。



この日は、高知県の国友農園さん主催のお茶会へオジャマしました。

改装された古民家を「青人草の荘」と名付け、
お茶と一緒に建物と周りの景色も楽しませていただけるお茶会です。

おいしいお茶菓子から始まり、
ちょうど山菜が採れる時期ということもあり、
ありがたいことに人生初のイタドリをいただくことができました。



もともとの内容としては、お茶3種+お茶菓子だったのですが、
気が付けば5種くらいのお茶を淹れていただいていました。

国友農園さんは、茶畑づくりはもちろん、製茶方法もとてもこだわっておられ、
一般的な日本茶とは、いい意味で、一線を画しているように思います。

釜炒り茶なのですが、釜香よりもフルーティな香りに驚かされました。
(私は、ぶどうの香りに感じました。)
煎もきくので、じかんをかけて楽しみたいお茶です。



ちょっと距離はあったけども、新しいご縁にも逢うことができ、
また、お茶会としては、ホスト役として
しっかりナビゲートできること、引き出しを増やしておくこと、が
ポイントだと勉強できるなど、得るものの多いお茶会でした。

自分が開催するときにも、ゲストのかたに、
なにか感じ得てもらえるお茶会にしたいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。