日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手もみ茶、道場!

またもや、霧の森へやってまいりました・・!



本日は、手もみ茶道場に参加させていただきます。



「焙炉(ほいろ)」という、手もみ茶を行なう台です。
昔は炭が、現在はガスが熱源です。



こちらの道場では、霧の森を訪れたかたに、
実際に手もみ茶を体験、そこで完成したお茶を飲んでいただくことができます。



手もみの動作ひとつひとつは、さすが職人技で、
ことばで説明するにはまだ知識不足なので、
今回は、動作の名称のご紹介に留めさせていただきます・・

これは「でんぐり」(だったと思う・・)です。



「こくり」です。
お茶のかたちを整え、つやを出していきます。



「葉揃え」・・だったかな??
これは、各動作の途中に数回行います。



葉の先がぴんととがってきました。
(ぼけとるけど・・)



「乾燥」の準備中です。



細かい粉状のものはよけ、針状のものを平たく広げて乾燥させます。
15分ほどごとに、裏返し作業を行います。



今回の工程(全行程の後半)、約4時間で、、、完成です!



針のようにぴんとした形状です。
(職人さんだけで仕上げたものは、比にならないほど美しいですょ!)



作業後、片づけの方法までご教授いただきました。

「焙炉」に組み込まれている木枠を「助炭(じょたん)」といい、
この木枠の内側(手もみを行う面)には、和紙が貼られています。

この和紙を、濡らしたきれいなタオルで拭き取り、
その後、こんにゃく糊をはけで塗っていきます。
湿った和紙が、乾燥していくに従い、強く弾力を取り戻します。



ひとまず、今年の新茶シーズン前の手もみ茶道場は、この日が最後でした。
1年で、茶農家さんが最もお忙しい季節のあと、
再開されるそうなので、ぜひまたオジャマしたいと思います。

道具がないと、自分で持ち帰って・・というのは難しいですが、
経験があるとないとでは、説得力にも差が出ますよね!・・と信じて。



同じ敷地内のカフェでいただいた、季節限定のロールケーキ・・
ガナッシュ部分が特別おいしかった。。。
(添えられていたお茶の葉を食べると、口の中がスッキリ☆)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。