日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「天狗黒茶」づくりに参加してきました!<2014年・その1>

梅雨明けを待たずしてのスタートです。

今年も、黒茶づくりに参加させていただけることになりました。



氷見授産場障害者事業所 ピースのみなさんも、
手際よく、刈ってきたお茶をクルマから降ろします。



今年は去年とはちがう畑のものなので、
少し小ぶりではありますが、いい葉に見えました。
(・・というか、去年のものが大きすぎだったような。。)

作業メンバーも増え、効率よく作業が進んでいきます。



ピースのみなさんは、本当にいいかたばかりで、
いろいろ困ったことが起こっても、
たいていまわりに助けてくれるかたが現れるそうです。

それはもう当然だと思います。

この蒸し用布も、蒸したあとの作業用布も、
職人さんが縫ってくださったそうです。



作業の途中、実は今まで畑に行ったことがなかったので、
無理を言って、連れて行っていただきました。

作業場からは結構離れているのですが、
アクセスもそう悪くなく、日当たりも抜群の畑でした。
恐らく、もともとは手摘みまたは機械摘みしていた畑で、
そのあとは放置されていたのだと思われます。



蒸し作業後、お茶を発酵させる場所へ持って行くときにも、
ワガママを言って、同行させていただきました。

このとき、県と町の各職員さんも見学にいらしていました。
(ご協力いただけるといいのだけども・・)



毎週木曜日の作業だけはすべて参加させていただく予定です。
お茶をつくることもそうですが、ピースのみなさんにお会いすること、
いろいろなかたとさまざまなお話しをすることなど、楽しみもたくさんです。

今年は、例年以上にやさしくおいしい黒茶が完成すると思います。
またレポートいたします。

(そして、去年のような「逆・靴下日焼け」しないように気を付けます。)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。