日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

飲み比べ、お茶会。

地元のお茶ともさんが、
先日の日本茶イントラさん@四国の集まりの際、
かなりおもしろいお茶をわけてもらったらしく、
一緒に飲み比べをしよう!ということになりました。

せっかくなら、大人数のほうが楽しいし、
いろいろな意見も聞けるから、
天狗黒茶製造者のピースさんにもお声掛けしたところ、
小松公民館の研修室を予約して下さいました。

調理室でなく研修室?とは思っていたのですが、
当日を迎えて、果てしなくびっくりしました・・



ピースの利用者さん全員がいらして下さったそうです・・

みなさん、お忙しいから、来て下さっても10にんくらいかな?と
想像していたので、チキンは震え上がったのであります。。。

しかし、ピースの先生のサポート、
日本茶イントラの先輩である、脇さん
協力して下さった利用者さんたちのおかげで、
すんなりと、お茶会はスタートしていて、
こんな近くでお茶を淹れるところを見ていただいたり、、、



お茶の葉を見て、香りを確かめてみてもらったり、、、
みんなステキな笑顔でした・・!



途中、公民館の館長さんや、
地元の主婦のかたがたまで座ってくださいました。



この日、お出ししたお茶は、
釜炒り茶(宮崎県) → 玉露(静岡県) → 包種茶(静岡県 丸子)
→ 鉄観音烏龍茶(木柵) → 阿波晩茶(相生町) → プーアル熟茶
→ なんか柑橘の皮を干したお茶 ・・だったような気がします。。。

いつもは飲まないようなお茶を「知っていただくこと」と、
その中で「おいしい」と感じ「気づいていただくこと」を目的としつつ、
メリハリらしいものをつけた、でも流れのあるメニューにしたつもりでした。
脇センパイと相談して決めたのですが、さすがっす☆センパイ。

さらには、お茶会のあと、脇さんは、
公民館の館長さんから直々に、
「お茶の淹れかた教室」開催の依頼を受けたそうです。

こんないい話はないんじゃないのか!ということで、
当然、私もおまけで参加させていただくお願いをしました。

地元の公民館で、地元のかたへ向けて、
施設のみんなにお手伝いをしていただきながら、
日本茶インストラクターの活動ができる、というチャンスです!

新茶と黒茶の季節が終わってからなので、早くて8月かな?
がんばりますっ

・・という、ここまでがこの日の第一章。

今回のお茶会の、本当の目的は、
在来種(+ トウキョウでの収穫ブツ)の飲み比べ、でした。

かなりワガママを言い、ピースさんに場所をお借りして、
第二章、スタートです・・本当にすみません。。。



飲んだお茶は、全部メモるつもりだったのですが、
もうなにがなにやら、、、になってしまい、
結果、20種近くは飲むことができたのではないか、と思います。

ピースの先生にもご相席願い、
「おいしいね」だけでない!コトバのやり取りができました。

四国内の番茶の多様性。
その中でも、たとえば阿波晩茶の産地別、
さらには同じ産地でも生産者さん別による味のちがい。
同じお茶の、火入れによる化けかた。

ヒトリでは決してできない、飲み比べお茶会でした。



とりあえず、今回の予定(ノルマ)は達成できたけど、
おそろしくレアなお茶をわけていただいたので、
それは次回に持ち越しです。

それまでに、またおもしろいお茶を集めなければ。

なんだか、、、つるつるといろんなことがつながっています。
離さないように、切らさないように、したいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。