日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

四国 日本茶インストラクター 研修会!

場所は、香川県のお茶どころのひとつである高瀬町にある、
高瀬茶業組合さんの研修室!



ここに、四国四県から日本茶インストラクター(一部)が集結いたしましたっ

ことの発端は、ある企業さんから、この週末指定で、
「お茶の淹れかた教室」の開催依頼があったのですが、
今回はザンネンながら延期になってしまったこと。

以前、茶苗の見学ツアーのときにも、
「四国のメンバーでなにか一緒にできたらいいのにね!」という話もあり、
せっかくみんなおやすみ取ってるし、集まろうゃ☆という経緯でした。

日本茶インストラクターに登録はしているものの、
個人情報を開示希望しておられないかたには連絡をとることができず、
また、連絡をとることができたけれども、都合があわなかったかたもおられ、
この日、集まることができたのは、この10人。



持ち寄ったお茶やおやつをおともに、話はだんだんヒートアップ!

(↓左から、、、石鎚黒茶(!)、土佐の釜炒り茶、滋賀(だったはず)の煎茶)


上の写真ですが・・特筆すべきはいちばん左の「石鎚黒茶(!)」。
(袋は天狗黒茶ですけども・・)

実は、石鎚神社に奉納されていた、当時の石鎚黒茶で、
この世に現存する残りわずかな、本当に貴重なお茶なのでした!

保存状態はよくなかった、と聞いていたのですが、
そんなことを微塵も感じさせない、まろやかなおいしさ。
センパイと「おいしいね!」と顔を見合わせてしまいました。

いつもの天狗黒茶とは、ベツモノでした。

石鎚黒茶の最後の製造者である、曽我部さんのお話では、
小学生くらいのちいさな子どもたちが、
おいしくて「おかわり!」と言っていた、とのことでしたが、
ひそかに疑っておりました・・ごめんなさい。

今、ピースさんたちとつくっている天狗黒茶は、
その曽我部さんも認めて下さっているのですが、
さらに可能性を感じた瞬間でした。

そして、午前は座学および質問会でいっぱいいっぱい!

お昼は、地元在住メンバーおすすめのさぬきうどん☆



午後は、茶工場見学をさせていただき、
四国在住日本茶インストラクター活動、および、
来年開催される大きなイベントについての意見交換、など、
予定時間をオーバーしてしまったけど、まだ足りない!くらい充実した研修会でした。



その後、丸亀といえばここでショー!というお店でヨルゴハン。
(個室に入ることができたことをいいことに、ここでもヒートアップ!)



みんな、本職はバラバラ。
でも、お茶に対するキモチは一緒。

ヒトリではなかなかできないことも、
このヒトたちとなら「1+1+1・・」は「1×2×3・・」にできそうです。



今後、日本茶インストラクターの資格を活かしたい!、、けど・・なかたを、
受け入れられるような体制をつくり、
ともに普及活動していく方向で、
ワタクシ、その広報担当に立候補!いたしましたので、
年内には新たなURLをご案内できるよう、がんばりますっ


(恐るべし、うどん県。)

次回の研修会は、雪の降る季節の予定です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。