日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かまくりカフェ (ワークショップ)

かまくりカフェさんの、ワークショップをお手伝いさせていただきました。

 -------------------------------------------------
 「かまくりカフェ」について・・
 (以下、かまくりカフェさんから引用です。)
 ***********************************************
 かまくりカフェってなぁに?

 【きっかけ】
 現在介護中・子育て中、そして福祉やボランティアに
 関心のある仲間が集まって結成されたのが“かまくりカフェ”。
 世間では“大変ねぇ”と言われることも、
 みんなで一緒に“楽しみ”に変えていこうと動き始めました!

 【名前の由来】
 介護をしていると、どうしてもイライラ・ガミガミになってしまいがち。
 そんなとき、「かまんのよ、ゆっくり、ゆっくり、だいじょうぶ。」
 認知症のお母さんに言いながら、自分自身にも。
 それって子育ても同じだよねぇ。
 “かまくり”はみんなが笑顔になれるおまじない。

 【こんな場所にしたいな】
 ◎介護や子育て中の家族の情報交換の場
 ◎介護や子育て中の家族が“ほっ”とできる楽しみの場
 ◎認知症の予防・悪化防止の場
 ◎こどものこころを育てる場
 ***********************************************

そんな素晴らしいコンセプトを持ったカフェが、
毎週土曜日、松山市総合福祉センターでオープン、
月に1度、ワークショップを開催されていらっしゃいます。



かまくりカフェさんのボランティアさんも、ヘルプに入って下さいました。



カフェがオープンしてから、ずっとお客様がご来場下さいました。



若いガールズは、全力で楽しんでくれました。



抹茶スイーツがスキなお子さまに、
おかあさまが本当の抹茶を体験させたい、と、お立ち寄り下さり、
帰りに「おばあちゃんちで茶筅をもらって、抹茶を買って帰る!」と
ものすごくうれしいコトバをいただきました。



ともだちが奥様と一緒に、順番を待ってくれたり。



イベント終了直前には、
ボラさんたちも「体験したい!」と、座って下さったり。



たくさんのかたのお力添えのおかげで、
無事にワークショップを終えることができました。

想像以上に、抹茶を点てる体験にご興味をお持ちのかたがいらしたこと、
おみやげとして、日本茶に関する基礎知識の資料をお渡しすると、
「お茶がスキなんだ」とお話しして下さったかたが複数名いらしたこと、
自分が想定していたことは76%、外れていたこと、など、、
たくさん勉強になりました。

この日のお菓子は、地元の菊月本舗さんで、
バッチをモチーフに作っていただいたものでした。



本当にありがとうございました!

外れた予想を反省し、また機会があれば、
ぜひ参加させていただきたいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。