日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その2>

本日は、揉み作業の日です。

一次発酵させたお茶の葉を箱から出す前に、、



表面に発生した黒カビを、、



取り除きます!



そして、箱ごと作業台の上にひっくり返します。
このときに、もわっと菌が舞い上がります。



慣れていないヒトや、体調が万全でないときは、
作業後に発熱するメンバーもいました。



今年は刈り取りの畑が2カ所だったので、
発酵状況もそれぞれちょっとずつ違います。



葉を出したあと。



箱から出したあとは、不要な枝葉や種などを取り除き、
洗濯板で揉んでいきます。



揉んだ葉は、厚手のナイロン袋へ移して空気を抜き、
ポリバケツで二次発酵させます。



午後は、地元 丹原高校の学生さんが体験に見えました。
(平成生まれは頭がい骨が小さく、手足が長いですね!)



この日の作業が順調に終わったので、
ひそかに楽しみにしていた場所へ連れて行っていただきました。

今年は、石鎚黒茶が生まれ育った場所での
最後の生産者さんである曽我部さんから提供された菌を東京で培養し、
それを使って別の場所で発酵させています。



まず香りが、、、なんて表現すればいいか、、、
それを先生がたに伝えると、元の菌はもっとすごい香りだったそうです。



いつもの場所のものとどう差が出るのか、、、
出来上がりが楽しみです!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。