日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その4>

今年の四国地方は、まったく雨が降りません。
(天日干しをするには適したお天気ですが、ちょっとは降って欲しいです、、)



この日も干し作業です。
二次発酵を終えたお茶の葉を出し、軽く揉んでほぐします。



それらを、不要な種や枝などを取り除きながら、ゴザの上に広げていきます。



なるべく重ならないように広げたお茶の葉を、お日様の下へ移動させ、干します。

(↓ 干したパレットの向こうには、お昼休み後、野球に興じるワカモノたち、、)


年々、みんなの作業効率が上がっているので、
午後は、いつもの揉み作業組は山へ上がりました。



この日の一次発酵後の葉は、かなりカビが出ていて、
その部分は廃棄にしたのですが、相当な量が減ってしまいました。



揉み終わったら、二次発酵に漬け込みます。



揉み作業のあと、干し作業の場所へ戻ると、片づけが始まっていました。
1日では干し切れないので、翌日以降にさらに干します。



この日だけで、139kg分のお茶の葉を干しました。



今年は何キロくらいできるかなー!



↑ 著者、近影!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する