日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

阿波銘茶紀行~発酵茶で菌活~

今年も、徳島県にある徳島城博物館にて開催された
「阿波銘茶紀行」にスタッフとして参加させていただきました。

今年のテーマは、、、
=======================================================
四国には漬物茶と呼ばれる「後発酵茶」があります。
十二支の”酉”は、醸造に欠かせない部首。
日本茶の”発酵”について学び、日本茶で”菌活”(善玉菌活動)を。
食べて飲んで笑ってお茶菌で元気になろう!
=======================================================
・・でした。

今年も見事な題字です、、



最近では、製造方法についても一般的に浸透してきましたが、
緑茶、紅茶、烏龍茶など、、ゴールは違えどスタートは同じお茶の葉です。

摘んだあと、緑茶はすぐにお茶の葉を蒸したり炒ったりしますが、
紅茶と烏龍茶はしばらく静置し、お茶の葉を萎れさせます。

これらは、お茶の葉に含まれる酸化酵素を活用するかしないか、の差です。
そして、お茶の世界では、酸化酵素を活用することを「酸化発酵」と呼びます。



また、今回のテーマである「後発酵茶」は、
カビや細菌など微生物の力を借りて作るお茶です。

現在、日本国内では4ケ所で作られており、
そのうち3ケ所が四国という、大変おもしろいものです。



それぞれ製造工程の写真展示もありました。



後発酵茶は、香りがなかなかステキなので、
今年の飲み比べは小さな紙コップを使用いたしました。



個人的にひそかに楽しんでいる準備じかんのワンシーン!



開場後、参加者の皆様には展示資料をご覧いただきます。



館長さんのご挨拶のあと、講座スタートです。



毎年、参加者の皆様は別のかたがたなのですけども、
本当に熱心にお話を聞いて下さり、楽しんでおられます。
担当講師であるセンパイのすごさを身をもって知ります。



個人的反省、、去年に比べてそんなに進歩できてなかったような、、
ほんの少しだけ、気持ちに余裕があったような気がするくらいです、、
来年もお手伝いに参加できるといいなあ、、



大きなお知らせです。
日本茶インストラクター協会 四国支部が発足いたしました。

発足したことを、メンバー全員が協会の会報誌で知る、という、
有り得ないスタートではありましたが、
すでにいろいろとイベントや体験などを企画しております。
フェイスブックにてお知らせしておりますので、ご覧いただけたらうれしいです。

日本茶インストラクター協会 四国支部

また、四国在住の日本茶インストラクターさん および アドバイザーさんで、
四国会の活動にご興味のあるかたがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡下さい!
個人情報保護法等により、当方よりご連絡させていただくことが難しい状態です。
ゆるゆると楽しく楽しんで行きましょう!
ご連絡をお待ちしております!!
tea459kai@gmail.com

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。