日本茶インストラクター、ひよっこ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その5> +α!

2日前、施設の先生よりお電話を頂戴いたしました。



この日は地元大学生と台湾からの留学生の皆さんが
見学にいらっしゃることになっており、、



お茶の淹れかた講座を開催することになったょ!、、と。

最初は40名くらいだと伺っていたのですけども、
当日お迎えして、引率の教授に確認すると50名超え。



いつもは日本茶イントラのセンパイがご一緒下さるのですが、
この日に限っておやすみで、、前に立つのは私ヒトリ。

施設の先生がたにもご協力をいただき、
コトバは各回それぞれ翻訳担当のかたにお願いし、
3回に分けて、なんとか無事に終えることができました。



たぶん、、楽しんでいただけた、と信じております。。

台湾のワカモノはどんなお茶を飲むのか、と質問してみたところ、
基本的にはペットボトルで、スキなヒトは茶器を使って飲む、と。
どこの国も嗜好品は同じなのかな?と勉強になりました。



写真撮影のあと、かわいい台湾の女子大生が「おみやげ」だ、と
烏龍茶と白菜(a.k.a. 翠玉白菜 from 国立故宮博物館)の栞を
プレゼントしてくれました、、おばちゃん、うれしくて泣いちゃう。

お返しに、新宮茶をお渡ししました。
おうちで飲んでくれてたら、うれしいなあ。



(台湾にココロ動く)著者、近影!

PageTop

お茶、づくり。

確か、、、今年2回目のはずなのですけども、、、
このブログに記録が残っていない、、、写真、消したかな、、、



今回は、いつも石鎚黒茶の現場でご一緒させていただいている
おフタリと、軽発酵の包種茶づくり、です。



午後から傘マークがついていたので、暑いけどがんばって摘みます。
途中、たくさんの差し入れをいただいてしまいました、、
(ありがとうございます!!)



メイン用に、なんとか2キロは摘めたので、
試しに芽だけを摘んでみたところ、話にならない量だったので、
これらは白茶にすることにしました。



メインのほうは、日陰 → 日向 → 室内、です。



どうしてもやたら触ってしまいたくなるのを、ぐっとガマン。



待ちじかんのあいだは、お茶とおやつでバカ話。
(たまに、マジメな話、、)



じかんが来たら、撹拌。



実は、、またもや花の香りを取れなかった(と思う)のですけども、
じかん的にアウトだったので、殺青。



ちょっと量が多かったので、2パターンを試作しました。



全員、ほぼほぼ期待はしてなかったり、、、(ぇ、、、



1パターン目は、透き通った水色ですが、味も香りも弱め、、かな。



2パターン目は、なくないかな!という感じでした。
今まででいちばんマシな出来、、泣



お昼は、オトナになって初めてのBBQ!



【私信】 やっぱり一度は先生と一緒に作りたいです。




著者、近影!
(ちゃんと、洗濯してますょ、、)

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その4>

今年の四国地方は、まったく雨が降りません。
(天日干しをするには適したお天気ですが、ちょっとは降って欲しいです、、)



この日も干し作業です。
二次発酵を終えたお茶の葉を出し、軽く揉んでほぐします。



それらを、不要な種や枝などを取り除きながら、ゴザの上に広げていきます。



なるべく重ならないように広げたお茶の葉を、お日様の下へ移動させ、干します。

(↓ 干したパレットの向こうには、お昼休み後、野球に興じるワカモノたち、、)


年々、みんなの作業効率が上がっているので、
午後は、いつもの揉み作業組は山へ上がりました。



この日の一次発酵後の葉は、かなりカビが出ていて、
その部分は廃棄にしたのですが、相当な量が減ってしまいました。



揉み終わったら、二次発酵に漬け込みます。



揉み作業のあと、干し作業の場所へ戻ると、片づけが始まっていました。
1日では干し切れないので、翌日以降にさらに干します。



この日だけで、139kg分のお茶の葉を干しました。



今年は何キロくらいできるかなー!



↑ 著者、近影!

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その3>

この日も揉み作業のお手伝いをさせていただきました。
年々、作業の効率が上がっているなあ!と実感します。



これはなかなか柔らかめ。



これはちょっと固めかな?



先日、プライベートでとてもうれしい連絡を頂戴しました。
去年、松山から石鎚黒茶のお手伝いに参加して下さったかたが、
別の日に単独で今年もご参加下さったのだそうです。
カノジョの心優しさと行動力に「感謝」の一言です!



作業場の近くでまごまごとしていたチビちゃんたちも、
来週には動き回っているかな!

PageTop

「石鎚黒茶」づくりに参加してきました!<2016年・その2>

本日は、揉み作業の日です。

一次発酵させたお茶の葉を箱から出す前に、、



表面に発生した黒カビを、、



取り除きます!



そして、箱ごと作業台の上にひっくり返します。
このときに、もわっと菌が舞い上がります。



慣れていないヒトや、体調が万全でないときは、
作業後に発熱するメンバーもいました。



今年は刈り取りの畑が2カ所だったので、
発酵状況もそれぞれちょっとずつ違います。



葉を出したあと。



箱から出したあとは、不要な枝葉や種などを取り除き、
洗濯板で揉んでいきます。



揉んだ葉は、厚手のナイロン袋へ移して空気を抜き、
ポリバケツで二次発酵させます。



午後は、地元 丹原高校の学生さんが体験に見えました。
(平成生まれは頭がい骨が小さく、手足が長いですね!)



この日の作業が順調に終わったので、
ひそかに楽しみにしていた場所へ連れて行っていただきました。

今年は、石鎚黒茶が生まれ育った場所での
最後の生産者さんである曽我部さんから提供された菌を東京で培養し、
それを使って別の場所で発酵させています。



まず香りが、、、なんて表現すればいいか、、、
それを先生がたに伝えると、元の菌はもっとすごい香りだったそうです。



いつもの場所のものとどう差が出るのか、、、
出来上がりが楽しみです!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。